は〜んなんてこった〜

は〜んの日常と気になるモノを綴ります
All: Today:
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< あづみの公園 森の光物語 | main | 会社の忘年会 >>
犬と私の10の約束
犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]
犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]


昔、この映画のあらすじを聞かされていて、いつか見ようと思いようやく見ることができた。

・ピエール瀧が出演してるなんて知らなくて、真面目過ぎて噴いた。
 ふざけてたのは吹き矢のとこぐらいか。
・豊川悦司のお父さん役は良かった。
・ソックスが逝くときより、嫁に行く前に父に感謝を伝えるとこでグっときた、ココでグってくる年になってしまったのかな。
・あかり役と進役が子供から大人になったときのキャスティングに違和感が無くてよかった。
・ストーリーに余計な要素が多くて、伝えたい大事なことがぼやけて勿体無い気がした。
・犬を飼う前に子供に見せてあげると良い映画かもしれませんね。

あらすじは以下。
北海道・函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやってきた。前足の片足だけが靴下をはいたように白いゴールデン・レトリーバーに、あかりは”ソックス”と名付けた。母はあかりに、犬を飼うときには、犬と「10の約束」をしなければならないと教えてくれた。その約束を交わした瞬間から、あかりとソックスは一緒に大人への道を歩き始める。
母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての一人暮らし、恋人の事故・・・あかりの人生を揺さぶる、さまざまな出来事。どんな時も、ずっとそばにいて励ましてくれたのはソックスだった…。 知っていますか?犬たちのほんとの気持ち―
1. 私と気長につきあってください。
2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3. 私にも心があることを忘れないでください。
4. 言うことを聞かないときは、理由があります。
5. 私にたくさん話しかけてください。 人の言葉は話せないけど、わかっています。
6. 私をたたかないで。本気になったら 私の方が強いことを忘れないでください。
7. 私が年を取っても、仲良くしてください。
8. あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
9. 私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10. 私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。
そして、どうか覚えていてください。 私がずっとあなたを愛していたことを。
| 映画 | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hahn.bufferin.jp/trackback/978875
トラックバック